ライフ・ストーリー4(最終回)

SHARE

ライフ・ストーリー4(最終回)

前回の記事、ライフ・ストーリー3の続きです。

吉田あきこのライフストーリー4

そのきっかけのひとつが、
起業を志すようになってから出会った仲間だった。

「起業するのだから、
人を蹴落とさねばならない!いかに勝つか!
みたいな感じだったんです、最初は(笑)。

でもある方とLINEでやりとりしていたら、

『豊かさを分け合える工夫がしたい』

って言うんですよね。

……え、何言ってるのだろう?って思ったんですけど」

でもその人は、LINEのやりとりのひとつひとつで、
あきこさんにたくさん、アドバイスしてくれた。

「私はお金を払っているわけでもないのに、ですよ。
なにこれ!って思いましたね。
世の中には、こんなに素敵な人もいるんだ!?って」

ひとの愛情を受け取ることを覚えた

「起業してから素敵なお繋がりに恵まれたことで、
だんだん愛情を受け取っていい、
と自分に許可できるようになっていったように思います。

自分のマインドが変わってきてることによって、
出会う相手も変わってきた感じがするんですよ。

ああ、この人はすごく優しいんだろうな、
って思える人が多くなった気がする

このままじゃいけない、変わらなきゃいけない。

そう思うとき、人は、
過去の延長線上に自分を置いてはいけないと聞く。

過去のことは、過去のこと。

戸棚の奥にしまって、フタをして、
「今ここ」から「なりたい自分」までの線を引く。
走るべきは、そのコースのみ。

そうなれた日の喜びを、胸いっぱいに妄想しながら、

むふふふふ、と、ただ、ひた走る。たまに休む

「イラストを描いている時が、
実は一番楽しいかもしれないです。
集中すると、どこまでも集中しちゃうんだけど、
そこに身を置いていることが楽しいんですよね。

息子も興味津々なんですよ。
たまに、ダメ出しとかされたりします。

『それはちょっと、やめておけば?』とか(笑)」

ほら。あきこさんには愛しい相棒がいる。

二人して、ころげまわって笑ってる未来へ、
一歩一歩、近づいていけばいいのだ♡

おしまい♬

最後までお読みくださった方には、
こころよりありがとうございました。

今回わたしが受けさせていただいた、
小川志津子さんのライフストーリーについて、
詳しくはこちらからご覧いただけます。
志津子さんにも、改めましてありがとうございます。

これから新しいことを始めたいけど、
お悩みがある・ご両親との御関係に悩まれてきた方にも、オススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です