「本来の自分に還る」とはどういうこと?分かりやすくお伝えします。

SHARE

「本来の自分に還る」とはどういうこと?分かりやすくお伝えします。

「本来の自分に還る」とはどういうことなのか、
それをいろいろな角度から紐解いていきます。

本来の自分に還ることはメリットが多く、
自分自身と向き合えるものですが、
この言葉の明確なイメージは
ちょっとしにくい人も多いかと思います。

そこで今回は、「本来の自分に還る」ということを
詳しく、そして分かりやすくお伝えしていきます。

背伸びや無理をせずに、本来の自分に還る

そもそも、<<本来の自分ではない状態>>とはなんでしょうか?

それは、<<周りに合わせて、背伸びや無理をしてしまっている状態>>です。

背伸びや無理をしているということは、
自然体の自分ではないわけですから
常に気を張っていることになり、
こころがどんどん疲れていきます。

しかも、その状態でできた周りとの繋がりは、
自然体から生まれた繋がりではないので、
きっとあなたが本当に望んだものではないことが多いです。

このように、<<本来の自分ではない状態>>というのは、
あまり良い結果をもたらしません。

ですので、背伸びや無理はせずに
自然体でいることを目指しましょう。

それが<<本来の自分に還る>>
ということになっていきます。

本来の自分に還るとは、自然体でいること

「本来の自分に還る」とはどういうことなのか、
実はそれはシンプルに説明できてしまいます。

ずばり、<<自然体でいること>>

自然体の自分=本来の自分
なのです。

では自然体とはどういうことなのか。
これをもう少し説明していきます。

自然体の自分というのは、
背伸びや無理をしていない
<<ありのままの自分>>です。

ありのままの自分になるためには、
背伸びや無理を手放すことが大事になってきます。

一方で、今まで自分が無意識のうちにしてきた
いわゆる「着飾ってしまった自分」
いきなり手放すことは、
なかなか難しいかもしれません。

これまで築いてきた関係や繋がりも
手放すことになりかねませんからね。

ではここから、少し考え方を変えてみましょう。

あなたの周りも、本来の自分に還ることを望んでいる

唐突ですが、かなり核心を突くであろう
質問をさせてください。

あなたの周りの人はすべて
本来の自分なのでしょうか?

あなたと同様に、
背伸びや無理をしているのかもしれません。

そしてこれもまたあなたと同様に、
着飾っている自分を手放せずに、
本来の自分を見失っているかもしれません。

もしそうであるなら、
やっぱりあなたの方から
自然体、ありのままの自分を
見せてあげてください。

あなた自身が率先して
本来の自分を見せることで、
周りもきっと、

「この人の前でなら、私も自然体でいいんだ」

と思ってくれるはずです。

背伸びや無理を手放すことで、
あなただけでなく周りも、
それに影響を受けて自然体になり、
本来の自分に還ることになります。

これってとても素敵なことだと思います。

今の「着飾ってしまった自分」を手放すことは、
むしろそれ以上に得られるものが多いのです。

本来の自分に還ることで、自分らしく生きよう

リラックスして身体の力を抜いて、
こころをおだやかにして、

そうやって日々を自然体で過ごしていれば、
きっと良い方へと流れていきます。

あとはそのまま自然と
本来の自分に還っていけるはずです。

今の社会は決していいことばかりではないので、
自然体で生きていくのは
たしかに難しいかもしれません。

ですが自分を見つめなおして、
着飾った自分を手放していけば、
その先にはありのままの、自分らしい
本来の自分が待っています。

ぜひみなさんも
自分らしく人と出会って、
自分らしく好きなことをやって、
そして自分らしく日々を過ごしてください。

ただし、本来の自分というのは
今回の内容よりももっと深い部分に
眠っているということももちろん分かっています。

まだまだお伝えしきれていないことがたくさんあるので、
それはこれからどんどん
発信していくつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です