1.フェイスブック5000人スタートの罠~私の失敗談~

SHARE

1.フェイスブック5000人スタートの罠~私の失敗談~

今では《在宅起業コンサルタント》として独り立ちして活動をさせて頂いていますが、過去にSNS起業において大きな失敗をしてしまったことがあります。

その失敗談を、数回に分けて書いていこうと思います。

この失敗がみなさんの目に入ってくれて、同じ失敗をしてしまう人が一人でもいなくなってくれると、とっても安心です。

起業をしていく上でフェイスブックに興味を持った

起業をしようと思い立って、どんな発信方法がいいのか色々調べていくうちに、《フェイスブック》が一番盛り上がっているのではと感じるようになりました。

ですが私一人ではフェイスブックをすぐに使いこなすことは難しいと感じ、まずはそれを教えてくれる人を探すことから始めました。

5,000人とフェイスブックで繋がってからがスタート?

フェイスブックを起業に活用していくために、すでに成功されている方にお会いしてみようと思い立ちました。

そして、割と派手なSNS起業塾のセミナーにも伺いました。

そこで講師が語ったことの一つが、

「フェイスブックは5,000人スタートです」ということでした。

どういうことかというと、まずフェイスブック上では友達として繋がれる人数の上限は《5,000人》となっています。

なので、友達になった方のさらにお友達など、とにかく手当たり次第に友達申請をして、まずは5,000人まで増やしましょうということでした。

それでやっと、スタート地点に立てたと思ってください、という意味だったんです。

フェイスブックで必死に5,000人と友達になりました

普通は、「まあ、それは一つのやり方としてあるとは思うけど。」

という様に、あくまでそのことを一つの意見としてとらえて、実際には自分に合ったやり方で進めていく方が多いと思います。

ですが私はというと・・・ご想像の通り(?)?必死で上限の5,000人までお友達を増やしました。

やっとスタート地点に立って、これからやっていけると思っていたのですが、そこには思わぬ罠が待っていました・・・。

ポイント:フェイスブックで5,000人と繋がったことが想わぬ結果に・・・

次回:2.フェイスブック上でお茶会の誘いが増えすぎてしまった・・・~私の失敗談~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です