2.フェイスブック上でお茶会の誘いが増えすぎてしまった・・・~私の失敗談~

SHARE

2.フェイスブック上でお茶会の誘いが増えすぎてしまった・・・~私の失敗談~

前回の記事では、セミナーの講師の言う通りに、見ず知らずの人たちに必死にフェイスブック上で友達申請をして、5,000人に増やしたという記事を書きました。

前回:1.フェイスブック5000人スタートの罠~私の失敗談~

5,000人に増やしていざスタート!と思った矢先、なんだか面倒なことが起こってしまったのです。

知らない人からお茶会の誘いが来るようになってしまった

セミナーに参加すると、その時に撮った写真などを講師が《タグ付け》して投稿をすることがほとんどです。

※タグ付けというのは、写真に写っている人の名前を、投稿に特定の方法で書いておくことを言います。
それによってそこからその人のプロフィールに飛べたり、その人の投稿を見れたりと、とても便利な機能です。

タグ付け投稿の際には、投稿して大丈夫ですとOKを出したので、そのこと自体に困ったわけではなかったのですが・・・。

その後、投稿を見たであろう全く知らない人たちから、「ランチ会」や「お茶会」の誘いが怒涛のように入るようになりました

いずれも華やかな場所や雰囲気のものばかりで、値段的にも1回参加するのに5,000円程度

さらにこういう場合、おそらく最後には主催者の方からの勧誘があります

それを思うと、とても参加する気になれませんでした。

自分にとっては不要だったのと、お相手の文章の内容もおそらくコピーしたものなので、今思うと返事はなくても良かったと思います。

その時は一つ一つ丁寧に断りの返事を入れていたので、気が付けばそれが仕事のようになってしまっていました・・・

次回:3.《フェイスブック》女性だと思ったら男性だった!~私の失敗談~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です