5.SNS経由でお茶会に参加して寝込んでしまった~私の失敗談~

SHARE

5.SNS経由でお茶会に参加して寝込んでしまった~私の失敗談~

以前の記事(2.フェイスブック上でお茶会の誘いが増えすぎてしまった・・・~私の失敗談~)に、お茶会やランチ会は丁寧にお断りを入れていたことを書きました。

そんな中でも、数回は参加してみたことがあったんです。

前回:4.《フェイスブック》親身になってくれるお友達にも注意が必要!~私の失敗談~

では参加してみてどうだったのか、今回の記事ではそこを伝えていきます。

フェイスブック女性起業界の特徴

その頃のフェイスブック女性起業界は総じてきらびやかな雰囲気でした。

また、割と強め女性の割合が多かったです。

すでに人気が出ている方の性格やタイプを、みんなまねたかったのだと思います

お茶会で、自分のことだけをずーっとお話しされる方も中にはいらっしゃり、「ほかの方とコミュニケーションを取りたいわけじゃないのか・・・」と悲しい気持ちになりました。

お茶会の雰囲気に気疲れしてしまった

私自身はというと、その場の空気に合わせて相槌を打ったりは得意なのですが、周りの空気や雰囲気を受け取りやすい敏感なタイプなのです

「自分が!自分が!!」とグイグイくる強めの女性が多いと、船酔いのような人酔いの状態になり、参加後2~3日寝込む、なんてこともありました。

さらに前回の記事(4.《フェイスブック》親身になってくれるお友達にも注意が必要!~私の失敗談~)のようなことも続いたので、《お茶会恐怖症》になった時期も割と長かったです。

自分でお茶会を開催するようになった

初めてお茶会やランチ会に参加する人にとっては、どの方がいいのか分からないですし、調べる手段もとても少ないです。

今でも先ほどまで話していた雰囲気のお茶会が多く、あまりいい気分で過ごせなかったという話も耳に入るのが現状です。

そういった敏感なタイプの方にも安心してご参加していただける場をつくっていきたい!

と思ったのが、主宰するカフェ会を開く一つの大きなきっかけでもあったんです。

ポイント:過去の経験から、誰もが安らげお茶会を自分から開催するようになった

次回:6.お茶会参加後に、勝手にグループに入れられてしまった~私の失敗談~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です