SNS起業の真実

pickup1

詳しくはこちら

SNS起業で失敗から立ち直る方法

pickup2

詳しくはこちら

私の失敗談

pickup3

詳しくはこちら

ホームページリニューアルを行いました/迷宮入りしないペルソナ設定のコツって?

こんにちは。

もしかするとお気づきいただいた方もいらっしゃるかも知れませんが、先日、このページを含む、ホームページの全体をリニューアルいたしました。

元々は、自分でヘッダーを作成していたりしたのですが、デザインがすっきりしない、というより、コンセプトが定まらずに悩んでいたんですね。


わたしは普段、SNS集客についてのコンサルティングを主にさせていただいているので、自分で自分のこともなんとかしようとしていたのですが。

なぜか、お客さまの長所や、いいところを引き出すのは大好きで得意でもあるのですが、自分のことがよくわからない

どんどん迷宮入りしていきました。(汗)


それで、なんで悩んでしまったかっていうところなんですが。

ペルソナ(理想のお客さま)の設定の方法が、ずれていたということだったんです。

具体的には、わたしは、離婚経験があり現在シングマザーなのですが、過去の自分のような悩みを持った方を救いたいというのが、元々の起業に進もうと思ったきっかけでした。

離婚の過程をオープンに発信していたのもあり、夫婦問題のご相談をしていただく機会も多かったんですね。


ただ、進んでいくうちに実際、主にお仕事になっていったのは集客についてのサポートの方でした。

で、そこからが問題なのですが…。

いざ、ペルソナを設定しようと思うと掘り下げるたびに、「過去の自分のような方」に設定していたのですね。

そうすると自分より5〜10歳程度は年下の女性、ということになるのですが、実際には少し年上の女性の方でしたり、また、男性の方にもご相談いただくことがありました。


自分が設定するペルソナさんと、目の前に来てくださるお客さまがずれている。

そのことに気がつかせていただいたのが、Webデザイナー古賀育子さんの個別相談でした。


たまたま、インスタグラムでお見かけしたのがきっかけで、家から割と近かったのもあり伺い、お話を聞いていただきました。

それで、古賀さんが教えてくださったのが、ペルソナさんを決めるときに実際に来てくださったお客様から決めるといいです、ということだったんです。

今まで、知り得た知識の中になかったので、目からウロコでした。


そして、口から出たのが「癒し系」というキーワードだったんですね。

確かに、わたしのお客さまは、デザーイナー起業した頃から、そして集客のサポートの仕事でも、ご職業を思い返すと、ヒーラーさん、カウンセラーさん、コーチングをされている方など、ひとの心を癒す仕事をされている方がほとんどだったんです。


頭の中がスッキリ!

謎が解けた!

というような衝撃的な瞬間でした(笑)


その後、ホームページリニューアルを引き受けていだたけることとなり、半年ほどにわたり、携わってくださっています。

今では、コンセプトもはっきりとして、気持ちがブレることが極端に減り、ありがたいことに自然とお問い合わせもいただいております

本当に本当に、ありがたい限りです;;


そんな古賀さんの、年内最後の個別相談が12/19(木)にありますので、よろしければホームページでチェックしてみてくださいね。

こちら から

ホームページやワードプレスのこと、女性は苦手って方多いですよね、そういう時に、ちょっとご相談できる方がいるって、本当に心強いですよ!

今年のお悩み、今年のうちに^^
(上記の個別相談は終了しましたが、古賀さんに何か聞いて見られたいことのある方は、ご紹介することも可能です。)



新しいページの、ブログ更新がまだ少しだけ不慣れですが、だんだんと更新しながら慣れていきたいと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

Follow me!

SNS集客の基礎を知り、自分軸を育てる7日間メールレッスン

「起業塾に行ったけど思うようにいかなかった」
「どうしてあの人は集客できるのに、私は出来ないんだろう」
と、自信を失くされている方へ

7日間読んで実践するだけで、自然なお客様との出会いに近づける!

本業のお仕事の後や、子育てママさんの育児の合間など、お疲れの時でも楽しく学べるよう、優しい言葉でお届けしています。


1日目:0から1を踏み出すのが怖い、そんなあなたへ
2日目:リアルなおつながりも大切に
3日目:SNSで発信する目的を知る
4日目:理想のお客様と出会う第一歩!各SNSの特徴を知ろう
5日目:ブログに書くことを見つけるヒント
6日目:意外!?弱みを見せられる人ほど、愛される
7日目:見てくださる方の印象に、寄せることが大切