SNS依存からの離脱ストーリー1〜自己肯定感の低さからフェイスブック依存に〜

いま、SNSに依存してしまっている、という方はとても多いですよね。

起業にSNSを活用していきたい!と思ったら、SNSに振り回されてしまうのか、それともうまく活用できるのかが、大きな違いとなります。

わたし自身、実はもともと重度のSNS依存でした。

あまりの自己肯定感の低さから、こんなキラキラした世界に行ったら違う自分になれるのかな、とフェイスブックのタイムラインを1日4〜5時間眺めていた時期もありました。

そんな状態から、どう自己肯定感を高めて、SNS依存を抜け出し、人との出会いや集客に活用できるようになったのか、その過程を書いていきたいと思います。

いま、お悩みの中にいらっしゃる方に、何かご参考になることがありましたら幸いです^^*

キラキラ起業女子全勢期の2016年ごろ、フェイスブック依存に

わたしが別居生活数年目を迎えた2016頃、SNS、特にフェイスブックではキラキラ起業女子の全盛期でした。

その頃のわたしは、あまりに自己肯定感が低かったです。

見た目的にも、今よりかなり太っていて、それまでのストレス等の影響で髪の毛もあまり生えてきませんでした。

↑左がその頃の写真、右が2019年の写真です

自分というものなどほぼなかったのもあり、ここぞとばかりに一気にSNS依存になりました。

体調も優れずに、日中は横になっていた日も多かったのですが、家で横になりながらひたすら眺め続けていたのは、フェイスブックのタイムライン。

その頃思ったことは、画面の向こうのキラキラした世界に自分も行ったら、こんな自分も変われる気がする。

稼げるようになったら、違う自分になれるはずということです。

今冷静に考えたら、えっ、そんなわけがないですよね(笑)、という感じなのですが…。

当時は本気でそう思っていて、そうではないんだなと気がつくまで結構時間がかかりました^^;

ストーリーその1まとめ:本気のSNS(特にフェイスブック)依存症になり、1日4〜5時間タイムラインを眺めていた。

また続きも書きますね。