本来の自分に還る方法【私がクリスチャンになるまで6】

こんにちは。

前回の記事の続きで、本来の自分に還る
ということをテーマに書きたいと思います。

このブログは、途中しばらく
「本来の自分に還る方法」という
題名にしていました。

そのテーマで書いた記事へのアクセスが、
集客のノウハウ等を書いた記事よりも
多かったというのも理由です。

自分自身悩んできた部分で、
答えが出たようなまだあと一つ出ていないような
そんな気持ちでいました。

主イエス様を信じるようになってからは、
本来の自分に還れた感覚があるので
そのことついて書いてゆきますね。

自分が分からないのは、毒親育ちのせいと思っていた

以前の記事からも書いてきている通り、
わたしは毒親の下で育ちました。

何を言っても否定されるので
小学生のころからは、何重人格にもなっていましたし
傷つかないために、小さなうそをつくことも多々ありました。

今思うと、生きるために仕方なく
悪魔や悪霊を、自分で自分に取り入れていたと思います。

体調不良もオンパレードで、
おそらく小学生のころから
自律神経失調症でした。


後にうつ病になったことをきっかけに
心理学を学んで、自分が毒親育ちだったと知ってからは

自分で自分が分からないのはそのせいなんだ
と思うようになりました。

でも、それだけではないのではと
だんだんと気が付くようになったんですね。

その理由を書きたいと思います。

多くの日本人女性の「自己肯定感」の低さ

集客についてのコンサルティング等を
仕事としていたときは
主に女性の方からご相談を承っていました。

そんな中で、多くの方が自信がない、
自分が分からない、
というお悩みを
根底にお持ちなことに気が付きました。

中には、ご両親との関係にお悩みの方も
いらっしゃりましたが、
必ずしもそうではない場合もありました。

なので、わたしが毒親育ちだから自分が分からない
自信がない、というのは一つの大きな理由だけど
それだけでもない
んだな、と気が付いたのです。

それで一つ思った原因が、日本の教育システムです。

日本の教育システムを作ったのは悪魔

いきなり衝撃的な見出しで恐縮なのですが、
今の日本の教育はじめほとんどの社会システムは
悪魔が作ったものです。

正確に言えば、実際には
悪魔を崇拝している支配者が作った
ということになるかと思います。

567やワク○○の茶番に気が付いてらっしゃる方には
意外とすっと入ってくる内容かも知れません。

わたし自身は、うつ病の薬で抜毛症になり
ほぼ寝たきりになった経験から

医療や薬品の闇を
本で学んで何となくすこし知っていたので、
その構造がしっくりきました。

人が幸せになれる仕組みには、元々なっていないどころか
人から搾取する仕組みが出来上がっているように思います。

主イエス様と自分で一つ

今思うのは、本当の自分が分からないのは
神様不在のまま
自分を探そうとするからだと思うのです。

すると、不足感から以下のようなことが
起きやすいです。

・スピリチュアルや占いに依存する
・資格取得に依存する
・起業塾に依存し、自分を無理に追い込む
・コミュニティで嫌な思いをしても抜けられない
・お金に執着・依存する
・恋愛に依存する
・スマホに依存する
・特定の人への恨みを持ち続ける
・物や趣味に依存する
・常に人と自分を比べて辛くなる

書き出してみて気が付きましたが、
ほぼすべてが依存や、執着ですよね。

それらすべてが、本来は繋がっていたはずの
主イエス様とのつながりが失われてしまっているために
起こっているのではと思うのです。

なぜなら、クリスチャンになった今
まだ新米であってもすでに、
依存や執着からほぼ解き放たれ
とても軽やかになったのを感じられる
ためです。

いきなりクリスチャンになるのは敷居が高い、
抵抗がある、という方も
聖書を読んでみるのはおすすめです。

わたしは数年で500冊以上は本を読んだのですが
今はもう聖書と関連本以外ほぼ読まないので
そのぶん、節約にもつながっています。

次回は、これからの難しい時代をいかに生きるのか
わたしがうつ病を克服した過程と合わせて
書きたいと思います。

関連するYouTube動画

また、今回のお話に関連するYouTube動画があるので
以下に貼っておきますね。

よろしければぜひ合わせてご覧ください^^