世の陰謀に気が付いて、聖書に導かれるまで【私がクリスチャンになるまで5】

こんにちは。

前回の記事の続きで、わたしが聖書に
導かれた過程を書いてゆきます。

確か2022年の9月ごろだったと思います。

長引き過ぎる567禍に、益々おかしいだろうという
気持ちが募り、色々と調べ始めました。

きっかけのひとつは、自分がユーチューブでの発信をしていて
他の方のチャンネル(陰謀論系)を拝見するようになったところ
567や、ワク○○、と言えなくなっているのを知ったことです。

それから、陰謀論の中に本当のことが
あったのではと思い、調べ始めました。

ワク○○後遺症の講演会に参加しました

ちょうど色々なことに気が付き始めたころ
武蔵野市でワク○○後遺症に関すること等の講演会が
行われることを知り、夫と伺いました。

そこで知ったのは、既にワク○○後死亡の報告が
多くなされているにもかかわらず、国は中止にもせず、
大手メディアで全く報道されていないという真実でした。

特に、お子さんや若い方が接種後に亡くなったり
後遺症を抱えて苦しんでらっしゃることを知り
講演会終了後は、涙が止まりませんでした。

講演会場の場所を調べてくれたり、
励ましてくれる夫に感謝です。

支配者層の陰謀があることに気が付いた

上記の講演会でのお話や、その他さまざまな本を調べるうちに
今回の567はプランデミックで、
人口削減等の目的があるという意見が、しっくりくるようになりました。

その中で、支配者層は聖書を熟知していることや
悪魔崇拝をしていることも、同時に知ったのですね。

わたしのようなごく一般人が
世の裏側を知れる部分などたかが知れていますが、
上記のことはおそらく事実なのだと感じています。

そういったことからも、
聖書は真実なのだと確信するようになったんです。

福音を受けてクリスチャンになりました

その後、とある集まりにて「福音」を受けさせて頂き
クリスチャンになりました。

聖書が真実だ、と頭で理解したのみでは
その道に進まなかったと思います。

前の記事までに書いた通り、
わたしは元々、目に見えない世界の影響を
受けやすいというのが理由として大きいです。

今は少しずつ自分で聖書を読んでいますが
すぐにとても眠くなります。

今までの人生の影響の中で、
どうしても悪魔が中に詰まっていると思うので
そうすると、眠くなることがあるようです。

自分にとっての無理のないペースで
信仰生活を進めているところです。

幼少期にはおそらく感じられていた
主イエス様との繋がりを取り戻し、いま、
自分が自分の中心にいられている感覚です。

このブログでも繰り返し書いてきたけれども
どこか最終的な答えが出ていなかった
「本来の自分に還る」
という感覚も分かるようになりました。

そのことを、次の記事で書きます。