私の、離婚/アダルトチルドレンの心の傷克服ストーリー2

こんにちは。

今回は、前回の記事の続きで、わたし自身の経験談を基に、幼少期からの心の傷を抱えた方が、ほっと安心して日々を暮らせるようになる過程を書いていきます。

前回、夫婦問題を長年抱えたため、最後には心身の調子を大きく壊してしまったことを書きました。

それで何が一番問題っだのか、その頃の自分のようにお悩みの方がどうしたら救われたのかなど、今回は夫婦問題に的を当てて、振り返りながら書いてみたいと思います。

社会からの孤立、という問題

長年の家庭内別居を、相談できなかった

息子が産後半年くらいから家庭内別居となり、その状態は数年に及びました。

それを、前回も書いた通り、夫婦の悩みは人に言ってはいけないと思いこんでいたことで、誰にも相談できなかったことで傷を深めてしまいました。

そのころは「ワンオペ育児」という言葉もまだありませんでしたが、思い返せば、常に超絶ワンオペ育児を行わざるを得ない状況でした^^;

心配して声をかけてくれた近所のママさんもいましたが(今思うとなんてありがたかったんだろう)…。

人に甘える、頼るってことを人生でしたことがないので、上に書いた理由も相まって、人に悩みを打ち明けることもできなかったんですね。

今は、ともかく絶対相談したほうがいい!し、世の中で起こるお悩みの中でも、個人的には、ほんとに相談していいい事ベスト3に入るくらいである、と強く思います。

気軽に相談できる場所

夫婦問題を抱えた時に相談できる場所は色々あって、一番は地域の、区役所・市役所などで行っている女性相談が無料なので、そこが合えばおすすめです。

今の状況をどうにかするために、という部分でお知恵を借りられたり、親身に相談にのってくれると思います。

後は個別の状況に寄りけりですが、DVにつていは専門の電話受付があったり、場合によっては、警察へ、のほうがいい場合もあるかと思います。
(後程調べて、リンクを張ろうと思います。)

ともかく、孤立しないことが大切だったんだなぁ、と、今振り返ってですが思っています。

親が頼れなくても、何とかなります

夫婦問題を長年抱えて我慢している方は、ご実家のご両親との間にも、何かしら確執がある方が多いかと思います。

そもそも、親子関係が問題なければ、早めに相談出来たり、実家に帰ったりという選択肢があると思うので…。

この記事を読んでくださる方は、題名にもある通り、ご自身がアダルトチルドレンかもしれない、あるいは毒親育ちだったのかな、と認識してらっしゃるかもしれません。

それで、一人で子育てするのであれば、実家を頼れないと無理であろうと思われるかもしれませんが、いろんな支援制度もあるので、結構大丈夫ですよ。

私の場合は、書いてきた通り、相当心身の調子をかなり崩してしまったので、一時的に頼らざるを得ない時期もありましたが

それなりに元気であれば、一人で大丈夫だったと思います。

そもそも、家庭内別居でワンオペ育児している、って、外から見るとわかりづらく、行政の具体的な支援制度などもおそらくないと思うので、サポートも受けづらいんです。

その点、シングルマザーになると分かりやすいので、行政の支援はじめ、周りの方にも手を差し伸べていただきやすいです。

わたしは、いろいろとお世話になってきました。

一時期は、制度を知るためにも、かなり市役所に足を運んでいました。

「女性相談」もそうなのですが、今コロナも気になる状況ですが、対策をしながら、役所へはなるべく直接行ってみるのがおすすめです。
対面の方が、職員の方から親身に色々と教えていただきやすいように感じました。

色々とありましたが、私の場合は、当時住んでいた区(都内)の「女性相談」で相談したことがキッカケで、状況を変えることは出来るんだと気が付いたことが、前に一歩踏み出す始めのキッカケとなりました。

また、続きを書きますね^^