新型コロナウィルスについて、改めてどう感じているのか、まとめました

新型コロナウィルスのことで、日常が変わってから早1年ほど。

2020年2月に、小学校休校になってあたふたしている頃書いた、アメブロ記事を、懐かしく見返していました。

私自身がどう思うのかまとめることもできないまま、日常の忙しさに飲み込まれ過ぎてきましたが、改めて書いて見たいと思います。

テレビのワイドショーに、違和感を覚えた

何気なくテレビをつけていたら…

個人での仕事を始めたては、「テレビは見ない!」と豪語していた私ですが、そのうち、ある程度見るようになりました。

でも、「コロナが怖い!」というワイドショーの内容を連日目していると、気持ちが落ち込んでいくのを感じました。

このままではまずいな、と思い、触れるメディアを意識して選ぶようにしました。

最近では、FireTVを利用して、ABEMA TVや、アマゾンプライムなどを見ることが多いです。

それでその怖いと思った理由なんですが、ともかく、「コロナはいかに怖いのか」という結論に全てが誘導されるように、数字が使われていることです。

数字は、論理的に、客観的に分析するために使うのはシックリくるのですが、何かの結論ありきで当てはめられるのって、ちょっと怖いと感じたんです。

本屋さんで気になった、コロナ関係の本

私は普段週に2〜3回の程度で、本屋さんに立ち寄るのですが(勉強家という雰囲気より、趣味で^^;)、ある時から、よく平積みされているコロナに関する本が気になり出しました。

「おぼっちゃまくん」作者の、小林よしのりさんの本です。

有名な「コロナ論」という本はまだこれから読むところなのですが、泉美木蘭さんとの共著の、「新型コロナー専門家を問い質す」という本を購入しました。

女性との会話形式なので、とても読みやすくて、すっと入ってきました。

それで、とても納得できたように感じました。

自分の考えをツイートしたところ…

よしりんさんの考えに共感します、というようなツイートをしたところ、細々と行っている、炎上とはご無縁な私のツイッターにも、こんな反対意見もありますよー、という内容のリプが付いたりもして、1,232回見ていただいていました。

逆に、共感のリツートなどもいただきました^^*

この話題は、賛否両論あるのが当然ですし、でもだからと言って意見を発さないのは、なんだか逃げているような気がしていたんです。

なので、賛否両論の反応を頂けて嬉しかったです。

よりしっくりくる意見を取り入れます

私自身が、専門家さんの真似事をして、数値など調べたり、研究することは、不可能です。

だからこそ、テレビのワイドショーと、よしりんさんの本、そしてその他の本などいくつかの意見に触れた上で、より体感としてしっくりくる方の意見を取り入れています。

経済が止まってしまうのには、恐怖を感じます

世の中お金が全てだとは決して思わないですが、お金があればなんとかなることって、多かったりしますよね。

本の中でも言及されていましたが、人間、仕事をすることで、生活していける、つまりは生きていけているんですよね。

もちろん、マスクも手洗いもしますし、不要な外出はしませんが(そもそも夜に外出たりとか、元々ほぼなかったりするので…^^;)、でも一方で個人で事業をしていくための活動は、要だし急だと強く感じます。

個人事業主さんにとって、必要な打ち合わせができないとなると、存続にも関わるので…。

ZOOMも便利ですし活用していますが、面と向かってじゃないと伝わりづらい部分って、大いにあると思います。

日々の生活の中で、子育てが第一ですし、心配なことも多い。

でも、日々半歩でもいいので前進していきたいと思っています。

その姿勢を発信していくことで、ただ一人の人でも、ほんのちょっとでも、前に進もうかな、と思ってくださる方がいるなら、そんなに嬉しいことはないと思っています。

2021年2月現在、まだもう少し、我慢の必要な状況は続きそうですが、なんとか乗り切っていきましょー!

Follow me!

SNS集客の基礎を知り、自分軸を育てる7日間メールレッスン

SNS集客の基礎を知り自分軸を育てる7日間メールレッスン
「起業塾に行ったけど思うようにいかなかった」
「どうしてあの人は集客できるのに、私は出来ないんだろう」
と、自信を失くされている方へ

7日間読んで実践するだけで、自然なお客様との出会いに近づける!

本業のお仕事の後や、子育てママさんの育児の合間など、お疲れの時でも楽しく学べるよう、優しい言葉でお届けしています。


1日目:0から1を踏み出すのが怖い、そんなあなたへ
2日目:リアルなおつながりも大切に
3日目:SNSで発信する目的を知る
4日目:理想のお客様と出会う第一歩!各SNSの特徴を知ろう
5日目:ブログに書くことを見つけるヒント
6日目:意外!?弱みを見せられる人ほど、愛される
7日目:見てくださる方の印象に、寄せることが大切