二ノ国Ⅱレヴァナントキングダムの感想【繊細な女性にもおすすめ】

こんにちは。

以前に、あつ森についての記事をアップしたのですが(こちら)、意外と見ていただいていたので、今回は最近はまっている二ノ国Ⅱレヴァナントキングダムというゲームについて書いてみますね。

わたしは、Nintendoスイッチ版をプレーしています。

スイッチのおすすめゲーム「二ノ国」

スイッチで2作目の「二ノ国」

二ノ国は、いくつかのゲームで発売されているのですが、スイッチ版は「白き聖杯の女王」という作品に続いて2作目のようです。

ちなみに「白き聖杯の女王」の方は以前に全面クリアして、そちらも楽しかったです^^


今回記事にするレヴァナントキングダムの方は、前回の白き聖杯のほうよりも、すこし難しめな感じがしました(あくまでライトユーザー目線です。笑)。

いま、まだプレーしている途中なのですが

少し前のボス戦で、ギミック(からくり的なもの)をクリアしないと倒せないものなどあり、

わたしはギミックをクリアするのが苦手なので、ちょっとだけ息子にレクチャーしてもらったりしながら進むことができました^^;

教えてもらうのもまた、楽しいコミュニケーションとなっています。

これが二ノ国の、おすすめポイント

二ノ国のおすすめポイントはいくつかあるのですが、なによりも「魔法使い気分が味わえる」ということです。

主人公は、だんだんといろんな種類の魔法を習得しながら成長していくので、自分も魔法使いになったような気持ちで楽しめます♪

現実にも、ちょっと魔法使いになったなくらいの気持ち(地に足の着いた範囲内で、には気を付けていますが、笑)だと、不思議といい方へ向かってきました。

人ってみな、本来少しは魔法が使えるのかもしれない?、そんな気持ちです。

人に振り回されがちな女性にも、おすすめ

人の心のお世話をして(お世話をせざるを得ない環境で)育ってきた女性で、ついついいつも人のお世話をしてしまう、という方にもおすすめポイントがあります。

わたし自身、気が付くといつも人の気持ちばかり気にしたり、過去にはついつい先回りして人のお世話をしてしまっていました。

今も若干その傾向は気を付けないと出てくるので、自分の軸にいられるように日々整えています。

そんな中で、前作含めてこの「二ノ国」では、「クエスト」といって住民たちのいわば御用聞き的なミッションが次々与えられます。(それを好きなものから、好きなタイミングで行える)

現実で人のお世話をし過ぎると、思いとは裏腹に、自分はもちろんのこと結局お相手のためにもならなかったりしますよね^^;

なのでわたしは、振り回されは二ノ国で楽しくやっています。

バーチャルで、そして、住民(注:オンラインゲームではないので機械のキャラです)にお願いされての振り回されは、めっちゃ楽しいです。笑

以下が、二ノ国Ⅱレヴァナントキングダムです。


初心者の方は、上にリンクを貼った「白き聖杯の女王」からプレーされてみるのが、個人的にはおすすめです^^

「ただ好き」を見つけて、リラックスできますように。