恋愛、結婚について書きます。【アラフォー/婚活/離婚/再婚】

こんにちは。

今回は、恋愛、そして結婚というテーマについて書きます。

実は、私事ですがこの度再婚することになりました。(ご報告記事はこちらからご覧いただけます。)

今まで個人で仕事をしてくる中で、夫婦問題や恋愛についてご相談いただくこともあったので、自分なりに書けることを書いてみようと思います。

わたしは毒親育ちで、心の傷を克服しながら進んできたのでそのことも絡めて書いていきます。

「婚姻」「離婚」「恋愛」について考えてみて

「結婚」は数ある選択肢の中の一つ

ちょっと冷めた印象を与えてしまうかもしれないのですが、婚姻ってあくまで制度なのですよね。

すごく古くからある制度で、途中ほぼ変わっていないようです。

なので性の概念も多様化していて、また、「家制度」ももうあまりしっくり来ていない現代に、そのままピタッと来ているかというとそうではないのが現実だと思います。

ただやはり制度は制度なので、それを自分の将来を考えたときに活用したいのかしたくないのか、と考えてみるのも一つのよき視点ではないでしょうか。

結婚しなさいとか迫って子供を苦しめる毒親の毒は、全消滅してほしいと個人的には願っています^^;

そうそう変わらないからこそ、「毒親」という呼び名が付いたのでしょうが、ね。。

「離婚制度」について

離婚も、一つの制度です。

いつか離婚すると思って結婚する方は基本的にいらっしゃらないので、極力避けたいのはみな同じかと思うのですが、どうしようもない状況では一つの選択肢としてあるということです。

ただ、婚姻よりも難しいのが、世間体、お金の問題、お子さんのいらっしゃる方ならば養育のことなど、いろいろ問題が複合的になってくるということです。

また、例えばですがモラハラやDVを受けているにもかかわらず証拠がないためなかなか離婚が進まないなども、起こりえます。

そういった場合は、慎重に証拠を集めたり、弁護士さんに相談する方がいい場合も多々あると思います。

婚姻と同じく制度なので、離婚を視野に入れた方には(気持ち的には本当いろいろあると思いますが)、どうか頭は冷静に計画を進められることを経験者としてお勧めしたいです。

毒親育ちさんの恋愛つについて

現代の日本では、毒親から逃れるのって本当に大変ですよね。

特に巧妙に外側には毒を隠している親ほど、一生逃れられないのではと何度も絶望するかと思います。

女性にとっては、恋愛や結婚は毒親から逃れる一つの大きなきっかけになりえます。

とはいえ、毒親育ちの女性は回避依存の問題を抱えがちなので、本当は心でつながり続けたいのにわざと相手を遠ざけるようなことを言ってしまったり。

恋愛を通して、余計に自分を嫌いになってしまうということも多いと思うのです。

そうならないためには、前提として、愛着の安定している男性とお付き合いすることが大切。

また、他でもない自分自身が自分を認められるように取り組むこともとても大切です。

毒親育ちさんが幸せな結婚をするために

恋愛、その先に結婚を望む毒親育ちの女性にはどうか幸せになってほしい。

自分の経験から、そのように強く感じます。

失敗したっていいのです。

いまご結婚されていてご夫婦の関係がうまくいっていなくても、人生いい方に向かわせることはできるので大丈夫です。

そのために自分が経験や学んだことから言えるのは

・相手を変えようとは思わずに自分を変えること

・自分に向き合える環境づくりをすること

・もし夫婦関係を良くしていきたいということであれば使う言葉、伝え方を変えることは有効かもしれないこと
(ただ、これは本当に状況によるので、身体や心に危険が及んでいるなど緊急性が高ければ話は別です。逃げた方がいい場合もあります。)

といったことです。

本当は、自分が自分の人生を充実して送れていることが第一なんですよね。恋愛や結婚は、本来その先にあればうまく運びやすいものなのだと思う。

でも、正常に機能していない機能不全家庭で育ってくる中では、成長の過程に大切な「自立」を許されないことがほとんど。

うまくいかなくても、自分を責め続け過ぎなくてもよいのです。

大変なことではあるのですが「自分を変えたい!」と思ったら内なる自分を癒し、そして赤ちゃんを育てるように1から育ててあげてください。

私も「子供のように遊ぶ」を大切にしています。

少しでもヒントがありましたら、うれしく思います^^