SNS依存からの離脱ストーリー2〜不安感からセミナー依存症に〜

前回の記事では、あまりの自己肯定感の低さからフェイスブック依存症になったことを書きました。

「月商100万円行きましたー!」等のフェイスブック上のキラキラ起業女子の投稿を見て、私が思ったことはというと

稼げるようになったら違う自分になれるはず。

ということでした。

そして、取った行動はというと…。

セミナー依存症になった

稼げるようになったら違う自分になれる、また、離婚を視野に入れていたので、離婚するなら稼げなくてはならない、などの焦りから、様々なセミナーに申し込みをしました。

いま思うと、何も行動しないでいるのは、怖くて仕方がなかったのだと思います。

気がつけばスケジュール帳はいつも真っ黒。

埼玉から東京へ行くことが多かったので、出費もかなりのものだったと思います。

主にパートナーシップや、お金、起業に関してのセミナーやセッションの、気になるものに参加する、を繰り返していました。

前回の記事でも載せましたが、その頃、とある方のセッションを受けた時の写真です。

髪の毛は生えてこないのでショート。
(一部脱毛症もありました。)

手がパンパンなのが、見てとれるかなと思います。

この頃は一人も友達はおろか、友達よりの知り合いと言えるような方もいなく、一人でファミレスに行ってポテトを食べたりしてストレスを発散しようとしていたので、太りました。

SNS起業塾のセミナーにも行った

キラキラ起業の起業塾のセミナーにも、フェイスブックでずっと眺めて気になっていたので、行ってみました。

その時、直感的にこれは自分の目指す世界とは違うのかなぁ〜、とは感じました。

それでも、SNSを起業に活用するなら、SNS起業塾には入らないと難しいと信じ込んでいたんです。

今思えば特に必要なかったのですが、フェイスブックのTAGづけなどを独特な使い方をするのが流行っていたので、自分のOL時代に経験したWeb広告の基礎知識だけでは、ついていけないと感じたのが大きかったのかもしれないです。

改めて振り返ると、発信を目にする中で、そう思わされていた部分もあったのかなと感じます。

キラキラ起業塾は合わないけど、どなたか教えてくれる方は見つけないといけない、そんなふうに感じていました。

まとめ:セミナー依存症になり、起業塾にも入らないといけないと思い込んでいた


また続きも書きますね。