東京上野徳大寺さんに伺うちに、感じたこと

こんにちは。

実は私、少し前まで、お寺と神社の違いが分かっていませんでした。

自然とお寺に興味がわいてきた時期があり、図書館でお借りしてきた本を読むうちに、お寺と神社の違いが分かるようになってきました。

そしてだんだんと感じたことは、なんとなくお寺の方がほっとする、ということです。

感じる空気の違いとしては、神社の方がすーっとした涼やかな空気で、お寺の方が、まったり温かい空気というと何となく伝わる部分ありますでしょうか^^

自分のその時々の状態に応じてしっくりくる方に伺うと、きっといいのだと思います。

以前より何かと伺うことの多かった上野に、徳大寺さんがあります。

御徒町駅のホームや、電車の中からも見えるので、何かと見かけては気になっていたのですが、あるとき「行ってみたい!」と思い
それ以降何度か、夫と訪れています。

徳大寺さんには、摩利支天(まりしてん)像が祭られています。

インスタで投稿しましたので、そちらの内容をシェアしますね^^

最近、東京上野の徳大寺さんとご縁を感じるようになり、度々伺っています。

徳大寺には摩利支天像が祀られています。

摩利支天は、女像男像、いずれでも表現されます。(徳大寺では、聖徳太子御作と伝わる男像です)

元は陽光の神と言われていて、イメージとしては、光のようにシュッ!と早くて捉えどころのない感じです。

光のような速さで、それと知られずに障壁を取り除いて、利益を与えてくれると言われています。

摩利支天の男像は、イノシシに乗って表現されることが多く、写真はそのイノシシの像です。

撫でるとご利益があるとの事で、つるっつるのツヤツヤ♡

後ろを走る京浜東北線とのコラボで、さらに力強く感じられます🥰

提灯に書いてある「気力・体力・財力」という言葉が全てを物語っているように感じました☺️🙏

インスタ投稿は以上です。
私のインスタはこちらから。

摩利支天さまと、ここ最近はとても繋がりを感じます。

ほっとするお寺、気になる仏像を見つけること、いい流れに乗っていくためにはおすすめできると感じました。

インスタにはエネルギーの高い写真をUPしてますので、よろしければ合わせて見にいらしてくださいね^^