うつ病が完治した理由【私がクリスチャンになるまで7】

こんにちは。

前回の記事の続きで、
うつ病が治った話しについて書こうと思います。

世の陰謀に気が付き
人口削減をしようとしていて
実際に、ワク○○後の不調が影響して
多くの人が亡くなっていることを知りました。

それに気が付いたら
生きている意味って何だろう、
それなら「〇にたい」と、割と本気で思いました。

それで、本来完解していたうつが
これじゃ治ってないよね、と思ったんです。

ですが、その後気持ちが変わったので
その変化を書いてゆきますね。

そもそもうつ病になった理由

以前に他の記事を見て下さった方へは
繰り返しとなりますが、
そもそもわたしがうつ病になったきっかけを書きます。

理由としては、夫婦問題を数年にわたって抱えて
誰にも相談することが出来なかったためです。

あるとき、手足が震え始めました。

不眠症や、食べたくない、など
うつ状態は数年続き、
途中、ODで自殺未遂もしました。

悪くなった期間の倍はかかりましたが、
自然療法を取り入れることで
だんだんと良くなり、2017~8年くらいには
ほぼ良くなっていました。

生きる力が弱いことに改めて気が付く

ですが、2022年9月、人口削減始め
世に起きていることに気がつき
この世で生きている意味って何だろう。

減らしたいのなら
私のことは、別に、減らしてくれたらいいです
と、一時は結構本気で思ったのですね。

改めて自分の生きる力の弱さを思い知り
うつ病が改めて悪化しているようにも感じました。

ユーチューブを見ては不安に取りつかれ
焦って、備蓄用に缶詰などを、
異様なほどにいっぱい買ったりもしました。

ともかく落ち着きがなかったんです。

聖書を読むようになって落ち着くように

その後、福音を受けてクリスチャンになったことで
不安に駆られてブレブレだったのが
いったんだいぶ落ち着いたのを感じました。

それからさらに聖書を読み進める中で
心が落ち着いてくる
のを感じられています。

特に、音読することで
自分が安定するのがよく分かります。

〇にたい、という気持ちも、不思議となくなりました。

今では、
これから世の中は悪い方に向かうかも知れない、
でも、神がともにいてくれるから大丈夫
そのように感じています。

次回は、これから世の中はどうなるのか
どう生きていったらよいのか
を書きたいと思います。