ボランティアなのに、「仕事だよ」という圧を感じている状況からは逃げてもいい

こんにちは。

先日1月29日に、無事、こちらの交流会を行うことができました。
(今回ご参加の方はいらっしゃらなかったのですが、練習がてら行いました。)

また、改めて、記事にしますね^^

記事を見て、応援してくださった方、ご興味くださった方には心よりありがとうございます。

また次回も企画してゆきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今日は、題名の件について書いてみますね。

ボランティアを強制されてないかは、要注意

コミュニュティで、ボランティア企画に参加した経緯

私は、SNSを活用する起業にて、いろんな失敗をしてきて、その中でもコミュニティで痛い目にあったことは、このブログでも何度か書いてきました。

その時のお話は、こちらの記事など。

始まりは、とあるお茶会。

その後、断る余地なく、入れられてしまったフェイスブックグループにて、悪夢の日々が始まりました。

全員参加型のボランティア企画を、後に私を叩くボス的な存在の方が立ち上げ、「皆さんいかがですか?」と、フェイスブックグループに投稿。

皆「参加します」「参加します」…とのお返事。

時ちょっとだけ感じていた違和感を無視して、「私も参加します」と表明してしまったことが、地獄の日々への入り口でした。

スマホの通知に、怯える日々…

おかしいとは思いつつも、だんだんと洗脳され、グループにボス的存在が投稿することで鳴る通知音に、いつも怯えていました。

早い段階から、私だけが叩かれる、という現象が起こっていたので、早く返答しないとどうなるかわからない…といった感じに。

その時、ちょうど夏休み中だったのに、息子にあまり余裕を持って接せられなかったりして、今でも、ごめんよー、って思うことがあります。

そんなこんなの日々でしたが、人にご相談したことによって、それは抜けたほうがいいと、助けてもらいました。

ボス的存在に最後に言われた言葉に、違和感が

最後は、ボス的な存在な方に、抜けますと、お謝りの言葉とともにご連絡をしたのですが、

抜けることで、メンバーとまで、縁を断つことないのにね
(他のメンバーとは連絡取らないでくださいね、というニュアンス)

というメッセージの他に、

ボランティアとはいえ、仕事としてお受けしているのに、中途半端でやめるなんて

という内容のことです。

もちろん、本当に申し訳ないと思っていますし、途中でやめるのは心が痛いのは重々あったのですが、(当時極限のストレスでほぼ眠れない状況でしたが、最後まではやらないといけないと、思い込んでいたほどに…)

でも、

ボランテイアなのに仕事?

と、その言葉だけにはひっかりがあったのを、とても鮮明に覚えています。

えっ、いやいや、ボランティアはボランティアではないのかな、と。

ボランティアの言葉の定義を、調べてみました

そこで、まだ軽くではありますが、ボランティアの定義を調べてみたところ、

「自分から進んで行動する」ということや、
「見返りを求めない」(無償性)

ということなどを含む、4原則があることを知りました。

なので、他の原則も一部含めて文章化すると、

自分から進んで、報酬を求めずに、ともに支え合える仲間と楽しく行う活動

そういうことになるかと思います。

逆に

本当はやりたくもないのに、本当は心底嫌な相手もいる中、無償でやらされているけど、口が裂けても嫌とは言わせてもらえない活動

は、ボランティアの定義は、本来当てはまらないはずですよね^^;

しかし日本では、起業のコミュニティにかかわらず、こういった関わりがとても多いように感じています。

だいたいの方はいい方だったりするんですが…

私の経験したお話のように、上の方がモラハラ気質だと…、(以下略)といった感じです。

起業系のコミュニティでの、シェア等の強制は…

起業系のコミュニティでよく耳にするのは、講師や、他の生徒さんの講座等のシェアを(半?)強制される、ということです。

もし、嫌々ながらも断れないから、渋々行っているとしたら….

本来、お金を払ってそのコミュニティ等に参加しているのに、さらに無償の労働を課されている、そんな状況であると言っても過言ではないでしょう。

「やりたくない」です、と一言言えればいいのですが、

言われた通り行わないと、自分が叩かれたり、グループないで隅に追いやられてしまいそうと感じると、とてもじゃないけど嫌と言えなかったりするんですよね…。

私の経験上は、コミュニティと離れた場所にいる人に相談することで、冷静になり、離れるきっかけを得ることが可能です。

(コミュニティ内の方にお話しすると、逆に説得されてしまうので…^^;)

コミュニティ内にいると、上の方は絶対的存在に感じるかもしれませんが、視野を広く持ってみると、そんなことないんですよ。

本当に、人格的にも素晴らしく、それでいて稼ぐ力を両立している方はいらっしゃりますので^^*

今だから、改めて思うことですが、抑圧を我慢し続けることって、より弱い方へと向かっていくんですね。

もし、一人で抱え込んで我慢を続けているとすると、目には見えないですが自分を傷つけている状態なので、いつか限界がきてしまいます。

そうなる前に、良い方向へ向かえるよう、対処法が見つかりますように…!

発信をされている方には、無料のメールレッスンもお役に立つかと思います。

お読みくださり、ありがとうございます^^

Follow me!

SNS集客の基礎を知り、自分軸を育てる7日間メールレッスン

SNS集客の基礎を知り自分軸を育てる7日間メールレッスン
「起業塾に行ったけど思うようにいかなかった」
「どうしてあの人は集客できるのに、私は出来ないんだろう」
と、自信を失くされている方へ

7日間読んで実践するだけで、自然なお客様との出会いに近づける!

本業のお仕事の後や、子育てママさんの育児の合間など、お疲れの時でも楽しく学べるよう、優しい言葉でお届けしています。


1日目:0から1を踏み出すのが怖い、そんなあなたへ
2日目:リアルなおつながりも大切に
3日目:SNSで発信する目的を知る
4日目:理想のお客様と出会う第一歩!各SNSの特徴を知ろう
5日目:ブログに書くことを見つけるヒント
6日目:意外!?弱みを見せられる人ほど、愛される
7日目:見てくださる方の印象に、寄せることが大切