7.《SNS起業》コミュニティを辞める勇気・・・~私の失敗談~

前回の記事では、フェイスブックを通して参加したお茶会の後、勝手にグループに入れられて嫌な思いに遭った、という話をしました。

前回:6.お茶会参加後に、勝手にグループに入れられてしまった~私の失敗談~ 2019年1月16日

嫌な思いをしてから実際抜ける時にどうだったのか、それを今回は書いていきます。

コミュニティを抜ける時に言われた一言

そのコミュニティを抜ける時に主催者に伝えられてとても悲しく思ったのは、

「このコミュニティを抜ける=ほかの方ともご縁を断つと思ってくださいね」

という連絡があったことでした。

どうしてそのコミュニティを抜けるだけで、そこに関わっている人たちとの関係まで終わらせないといけないのでしょうか。

力でねじ伏せるように人をコントロールしようとするのはおかしな話ですし、実際にほかのメンバー一人一人にメッセージであいさつをさせて頂いたところ、そのように考えていた方は誰もいませんでした

コミュニティを辞めたければ辞めてもいい

このようなことは、グループ形式の起業塾を辞める際にもある話だと聞いたことがあります。

抜ける人には、「ほかの方とはご縁を断ってください」と伝え、残ったメンバーには「辞めた人と連絡を取るのは禁止します」と、主催者が伝えるんだそうです。

何か連絡を取り合われたら不都合なことがあるからとしか思えない行動ですよね

そのように言われても、何ら強制力があるわけではありません。

起業塾を本当は辞めたいけど抜けられない、今いるコミュニティに不満があるけど何も言えない雰囲気・・・。

そんな時は信頼できる人に相談してみることをおすすめします。

もし、私に相談してみようかなと思っていただけたらLINE@からでもお気軽にお待ちしておりますね^^*

また、無料のメルマガでは、コミュニティに頼らずとも自分で自分のビジネスを構築できる基礎をお伝えしていますので、そちらもよろしければ。

カフェ会のご案内などもしていきますので、一人じゃないと安心していただけたら嬉しいです。

次回:8.親身になって下さる方に気が付けなくなってしまった~私の失敗談~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です