6.お茶会参加後に、勝手にグループに入れられてしまった~私の失敗談~

SHARE

6.お茶会参加後に、勝手にグループに入れられてしまった~私の失敗談~

前回の記事では、お茶会に参加してみたものの、そこの雰囲気にあてられてしまったという記事を書きました。

前回:5.SNS経由でお茶会に参加して寝込んでしまった~私の失敗談~

ですが、そのあともどんどんマイナスなことが押し寄せてきます。

突然グループに入れられてしまった

とある方のお茶会に参加した時のこと。

みんなで写真を撮って、フェイスブックにタグ付けで投稿する、そんなよくある流れでその会は終了しました。

しかしその後、「フェイスブックのグループを作成しました」と突然連絡が来たんです。

もちろんお茶会の時にそのような話は出ていませんでした。

お茶会やランチ会のフェイスブックグループを作成しご招待する場合、事前にお知らせをするのがマナーなので驚いたのを覚えています。

企画も勝手に進められ、主催者のやりたい放題に・・・

あたかも「そのグループに入れたのが特別」という感じを演出する主催者。

そしてその先に「みんなで無償の企画を行いましょう」という話を出してきたんです。

今思うと、そこまでの時点で充分「おかしい」と感じていたのでお断りすればよかったのですが、グループ内では主催者側と参加者の間に主従関係があるかのような雰囲気が作り上げられ、断る権利が無いように感じました。

結局みんな参加することになったのですが、グループ内で起こったのは、無償でも貢献を無理強いする雰囲気

そして、なぜか私だけ叩かれ、ほかの特定の人だけはやたらとほめたり、ということを主催者が始めました。

今思い出しても本当に怖かったです。

周りの環境に流されすぎないことが大切!

どの時点でも「抜けます」と言ってやめればよかったのですが、一種のマインドコントロールにかかったような状態だったのだと思います

自分だけでは抜けることができなかったのですが、助けてくれる人がいて、なんとか抜けることができました。

その人は今もシステム周りのお手伝いをしてくれています。

そして実際今の方が、色んな人と出会うこともでき、自由度も一気に増えました。

今もし、この時の私のような状態にあなたが追い込まれているようでしたら、遠慮なく連絡をしてくださるとうれしいです

グループに強制的に縛られていても何もいいことはありません。

そこから抜けた場合、おそらく主催者から脅しというか嫌味を言われるでしょう。

別にそうなったって、みなさんの起業家としての価値に傷はつきません

周りに流されずに、本当にやりたいことをしっかりと進めていってくださいね。

次回:7.《SNS起業》コミュニティを辞める勇気・・・~私の失敗談~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です