3.《フェイスブック》女性だと思ったら男性だった!~私の失敗談~

SHARE

3.《フェイスブック》女性だと思ったら男性だった!~私の失敗談~

前回の記事では、せっかくフェイスブック上で友達を5,000人まで増やしたのに、その結果、知らない人からどんどんお茶会の連絡が来るようになってしまったことを書きました。

前回:2.フェイスブック上でお茶会の誘いが増えすぎてしまった・・・~私の失敗談~

さらに、がむしゃらに友達申請をしていたことで、もう一つ困ったことがありました。

プロフィールが嘘だった!

フェイスブックで友達申請をしたりまたは申請を頂く場合、まだ会ったことがないというのもあり、基本的に女性限定で繋がるようにしていました

そんな中、フェイスブックのメッセンジャーに真夜中にバラの花束の画像がたくさん送られてきたり、明らかに男性からのメッセージだと思わされることが何度かあったんです。

それでお相手のページをよく見てみると、プロフィール写真は女性のもの、そして中国名のような名前で、実はそのページを使っているのはおそらく欧米の男性だろうと思われる、そんなパターンもあると気が付きました

フェイスブックにはお友達をブロックする機能があるので、そういう方はすぐブロックするようにしました。

お会いしていない方にお友達申請する際、また承認する際にはその方のプロフィールや投稿をよく見てからの方が安全だと今では思います。

ポイント:お友達申請の時には、しっかりと相手がどんな人かを見定めましょう!

次回:4.《フェイスブック》親身になってくれるお友達にも注意が必要!~私の失敗談~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です