大人が「あつ森」にハマる理由【ヒットの秘訣】

前回の記事では、NiziUヒットの理由について思うことを書きました。

私は、普段から起業のご相談に乗らせていただいており、その中でも、多くのご提供者の中から選んでもらうにはどうしたらいいのか、というご相談は多いです。

選ばれる理由、のヒントは、今爆発的にヒットしているものにあると感じているので、日々楽しみながら情報収集しています。

今回はそんな中から、ニンテンドースイッチのあつまれどうぶつの森、通称「あつ森」について書いてみますね。

思いがけず、衝動買い!

宣伝によって、じわじわ認知の後に…

「あつ森」がリリースされている以来、ヒットしている!という噂はどこからとなく、そして絶え間なく入ってきました。

現在中学生の子育て中でもあるので(この頃は小学生でした)、息子が口にしていたというのもあると思います。

(男の子あるあるでしょうか?「あつもり〇〇万本売れだんだよ、すげー!」みたいな話しを好んでするんですよね^^)

そういった感じで、昔のようにTVCMのみから情報が入ってくるのではなくて、いろんな方面からジワジワと意識に入って行きました。

決めていたわけではないけど、なんとなく買った!

そんな状態だったので、あまり衝動買いをしない私にしては珍しく、事前に決めてお店に行ったわけではないのですが、なんとなくであつ森を買いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あつまれ どうぶつの森 Nintendo Switch HAC-P-ACBAA
価格:5880円(税込、送料別) (2021/11/19時点)




その時点では、息子と一緒にできたらいいなとイメージしていたのですが。

いざ始めてみるとデータを作れるのは一つのみなので、基本息子がプレーすることに^^;

交代でやらせてもらっていたものの、自分らしくできないことにモヤモヤ。

そしてついに…。

ニンテンドースイッチライトを購入!

だんだんと、もう自分のデータを持ってプレーしたいと思うようになり、自分のスイッチを買い、あつ森を買い

今では、私だけが、あつ森をやっている状況です。
(息子は、最近では「スマブラ」、という他のゲームメインです。)

ほぼ、私があつ森にはまった経緯のお話になってしまいましたが…笑、

なんではまったのか?振り返ってみたいと思います。

癒しと、コミュニケーション

あつ森は、癒し系のゲームです。

無人島にお引越しして、そこを開拓していき、だんだん仲間も増えていくゲームなのですが、自然や、自然な音が再現されていて、プレー中にうとうとしてくることも^^;

可愛らしい動物の島民との会話も、癒しの一つでもあります。

いまの日本はストレスが多いので、癒しを求める大人にもヒットしたのが頷けます。

また、あつ森プレイヤー同士で集まることもできるので、大人同士の、程よいコミュニケーションにの場にもなっているようです。

「今」が詰まっている!

私がプレーしていて感じるメリットの一つは、「今」を、効率よく吸収できるということ。

「あつ森」のソフト制作をされた方は、おそらく自分の世代よりも、お若い方が多いのではないかと思います。

また、流行などに感度高い方だと思うので、今どういうことが流行っているのか、どういう考えなのか、島民との会話の節々から感じ取ることができるんですね。

それがまた、仕事にも役立つな〜と感じます!

ただ「好き」に没頭することで得られた効果

私は、最近わりと最近世の中にも名前が広がっている、「愛着障害」を抱えてきて、それを克服してきた過程がこのブログの一つのテーマでもあります。

克服してきた中で、ひとつ、ゲームが好きだったことを思い出し(中学高校の頃はファイナルファンタージーなど、プレイしていました。)、

好きな事に没頭する時間を持つようにしたことは、とても大きな効果がありました^^

若いころゲーム好きだったけど、最近そういう時間持ってなかったなー、という方にも一つの癒しとしておすすめできると思いました♪

また他のゲームのことも、書きますね^^