9.自分を自由に表現するのが怖くなってしまった~私の失敗談~

前回の記事では、フェイスブックでの色々なゴタゴタが原因で、親身になってくれた人さえも疑うようになってしまったということを書きました。

前回:8.親身になって下さる方に気が付けなくなってしまった~私の失敗談~

一方でフェイスブックでは、パーソナルカラーの知識や広告業界の経験から写真での魅せ方が感覚的に分かっていったのと、また、ありのままで発信していたことに好感を持って頂き、注目して頂けるようにもなったのも事実です。

注目されるほど、批判が増えていった

今振り返ると、前回までの失敗談に書いたように、風当たりが強くなったのはより注目して頂けるほど、それに比例してのことだったように思います。

発信して自分の想いを伝えようとした時に、批判的な意見が出るのは実は避けて通れないことです

どんな国民的アイドルにもアンチがいるように、この業界でもアンチがいないとなると、逆にファンもできていないんです

ですが、それがフェイスブックの限られた狭い世界の中での領地争いのような雰囲気を感じさせ、とても息苦しくなったのを思い出します。

まるで言論統制があるかのように感じ、自分を自由に投稿で表現するのがとりえだったにもかかわらず、表現にビクビク気を遣いすぎてしまう時期もありました。

さらにつらくなった時は、一か月単位で投稿をお休みしたりもしました。

さてさて、失敗談のストーリーは、今回で最後となりました。
お読みくださり、本当にありがとうございました^^

改めて今、思い返すと、本当、目も当てられないような状態だった時もあるな〜と感じます。

では、この後どうやって立ち直って、いい方に向かってきたのか、具体的な方法はメールレッスンにてお伝えしています。

よろしければ、そちらもぜひ♪

Follow me!

SNS集客の基礎を知り、自分軸を育てる7日間メールレッスン

「起業塾に行ったけど思うようにいかなかった」
「どうしてあの人は集客できるのに、私は出来ないんだろう」
と、自信を失くされている方へ

7日間読んで実践するだけで、自然なお客様との出会いに近づける!

本業のお仕事の後や、子育てママさんの育児の合間など、お疲れの時でも楽しく学べるよう、優しい言葉でお届けしています。


1日目:0から1を踏み出すのが怖い、そんなあなたへ
2日目:リアルなおつながりも大切に
3日目:SNSで発信する目的を知る
4日目:理想のお客様と出会う第一歩!各SNSの特徴を知ろう
5日目:ブログに書くことを見つけるヒント
6日目:意外!?弱みを見せられる人ほど、愛される
7日目:見てくださる方の印象に、寄せることが大切