SNS起業の真実

pickup1

詳しくはこちら

SNS起業で失敗から立ち直る方法

pickup2

詳しくはこちら

私の失敗談

pickup3

詳しくはこちら

SNS起業における私の失敗談

今では、在宅起業コンサルタントとして何をどんな方々に伝えていくのか、軸を持ってやっていますが、もちろん色々な失敗をしてきました。

その失敗談をここではまとめて紹介していきます。

私の失敗談:9つのストーリー

1.フェイスブック5000人スタートの罠

フェイスブックで上限の5,000人のお友達とつながること!

それを最初の目標だと講師に言われ、ひたすらにやっていたのですが、実はそれこそが大きな失敗の元凶でした・・・

2.フェイスブック上でお茶会の誘いが増えすぎてしまった・・・

せっかく友達5,000人という目標を達成できたのに、そこからなんだか知らない人からの連絡がどんどん来るようになってしまいました。

3.《フェイスブック》女性だと思ったら男性だった!

お茶会やランチ会のお誘いならまだしも、どう読んでも関係ないことまで・・・。

それに、プロフィールと内容が違うことまでありました。

4.《フェイスブック》親身になってくれるお友達にも注意が必要!

知らない方からのお誘いに悩んでいた時、相談に乗ってくれた方も何人かいました。

そこへの信頼も膨れていったのですが、その先にあったのは結局その方たちからの勧誘だったのです。

5.SNS経由でお茶会に参加して寝込んでしまった

数々のお誘いがある中で、何度かは行って見たんです。

そこで見たものは、気の強い方々、そして心の底からの信頼度がないつながり、表面上の笑顔・・・

その気持ちがわかってしまうからこそ、それにあてられて寝込んでしまったりもしました。

6.お茶会参加後に、勝手にグループに入れられてしまった

寝込んで回復させる間もなく、突然フェイスブックのグループに参加させられていました。

そして勝手に主催者が企画まで進めていき・・・

きっとこの時、私を含めて参加した誰もが、困惑していたはずです。

7.《SNS起業》コミュニティを辞める勇気・・・

コミュニティを抜けるのは本当に大変で、私は脅しのようなことを言われました。

きっと他のみなさんも、このような経験があるからこそなかなか居たくないコミュニティから抜け出せないのだなと、この時実感しました。

8.親身になって下さる方に気が付けなくなってしまった

このような経験から、私に対して本当に親身になってくださる人に対しても疑いの目を向け、誰をどういう基準で信頼したらよいのか、完全に分からなくなってしまいました。

9.自分を自由に表現するのが怖くなってしまった

そして注目されるたびに批判も増えていき、さらに気持ちが落ちていったのです。

今では、アンチは一定数必ずいるものだと割り切れますが、当時の私はそんな余裕すらありませんでした。

Follow me!